夏井さんの『超絶技巧的ピアノ編曲の世界』

インターネット上の無料楽譜

 

Virtuoso Piano Transcription, 超絶技巧的ピアノ編曲の世界
  http://www.ne.jp/asahi/piano/natsui/
    もしも手元にGrainger編曲「ロンドン・デリー」,
    Faure/Grainger「夢の後に」,
    Casella「パバーヌ」,
    Falla「アンダルシア幻想曲」,
    Albeniz「ラ・ベーガ」,
    Faure「夜想曲第13番」,
    Bach/Godowsky「無伴奏チェロ」,
    Bach/Friedman 「ブランデンブルグ協奏曲第3番」,
    Beethoven「ピアノソナタ第32番の第2楽章」,
    そしてHorowitz編曲「星条旗」などの楽譜をお持ちでしたら,
    時々弾いて下さったらそれで十分です。

 

私がパソコンをネットにつないだのが、2002年の暮れだったか、
この夏井さんのサイトを見つけたのは、それからだいぶ経ってのことだったし、
ここでの楽譜のダウンロードが閉鎖した、ずっと後のことだったと思う。

 

私自身、学生時代から、楽譜はけっこう買い集めていたので、
ここを見つけた時は、信じられませんでした。

ピアノ編曲(Transcription)といえば、
リスト、ブゾーニ、ラフマニノフの出版されてるものしか持ってなくて、
知らない作品が、こんなにあったなんて・・・

もっと早くにこのサイトを知っていたらと、思わずにはいられませんでした。
一生かかっても、弾ききれない膨大な楽譜の量だとは思いますが、
それを、PDFファイルのかたちで配布していたサイトが、
かつて、2002年頃までには、あったんですね〜

夏井さんが書かれていたHorowitz編曲「星条旗」で、思い出したことがあります。

 

リットーミュージックから出ていた8冊くらいで終了してしまった季刊誌で、

 

ピアノフォルテというのがあって、

 

 

 

よく、珍しい楽譜が掲載されていて、その中に、
作曲家の和田則彦さんが採譜したHorowitz編曲「星条旗よ永遠なれ」も、
載っていたことがあります。



この夏井さんの記事を読んでいると、
  『星条旗』は永遠だ!
  http://www.ne.jp/asahi/piano/natsui/free/free.htm
 
   ↑ がリンク切れしていたので、アーカイブキャッシュ↓ で、
https://web.archive.org/web/2015*/http://www.ne.jp/asahi/piano/natsui/free/free.htm 
アーカイブキャッシュの使い方については、別ブログ に書いてます。


Horowitz編曲「星条旗」だけでも、夏井さんの手元には、
4種類のバージョンがあるそう。
「山口バージョン」というのは、山口雅敏さんの↓ですね。
  http://masaplaypiano.blog122.fc2.com/blog-entry-113.html 

 

実は、Horowitz編曲「星条旗」(正式には「星条旗よ永遠なれ」)は、
かなりむずかしいので、ちょっと手をつけてなかった。

その楽譜について、後年、ここで論じられているのを見て、
この頃、超絶技巧的ピアノ編曲の世界にちょっと興味を持って、
インターネットで検索しまくっていました。
ネット上には、探せば、この曲のPDFファイルが無数に置いてあって、驚きました。

当時はプリンターを持ってなかったので、ダウンロード止まりで、
そのうち、使っていたWindows 98SEのノートパソコンがこわれてしまって、
ダウンロードした楽譜は、弾くこともなく終わってしまいました。

後に、コンビニに置いてあるコピー機でも、
PDFファイルをUSBメモリに入れていけば、コピー出来る様になって、

それで、1曲だけ残しておいたPDFファイルをコピーしておいたんです。

 

Horowitz編曲「星条旗」ではありません。

Casella「パバーヌ」です。
  http://www.wound-treatment.jp/next/dokusho266.htm 

 

 

山口雅敏さんの採譜したHorowitz編曲というと、
同じ「星条旗」でも、

アメリカ国歌の「星条旗」の方は弾きやすいです。

 

 

 

 

コメント