エンドレ・ヘゲデューシュ ピアノ サロンコンサート

コンサート
 
 
 
札幌の楽器店、エルム楽器は、
本社センターしか行ったことがなくて、
本社センターへ行った時に、最近、何回か、

八軒に新しいセンターがオープンしたというチラシをもらってました。
このチラシも、その中の1枚です。
 
 

札幌へ来て2年半になるのに、
西区八軒が、どの辺りになるのか、さっぱりです。

でも、このコンサート、行きたいなと思って、

チラシに入っていた地図を見たら、



 
JR琴似駅のそばなのがわかりました。

〔JR〕琴似駅 徒歩6分 と書いてあったので、
なんとなく、場所もわかりそうなので、
コンサート数日前に、いちよう場所を知りたかったので、
予約がてら、八軒センターまで行ってみました。

受付の方が、「ここは、更地にして建て直したんですよ」
と言ってました。
どうりで、きれいな訳ですね!

 
 
 
 
コンサート当日は、小雨が降っていたので、
早めに出れば、
   エルム楽器 新・八軒センター  
   ELM ARTes(アルテス) 八軒
にとめられるかもしれないと(いちよう、裏に4台駐車場があって、
店頭にも、2台はとめられるということでした)、
1時間弱早く着いたので、裏の駐車場にとめることができました。
 
早く着いたので、外観の写真を撮っておきました。
 
 
 
 
なんか、鍵盤になってない?

 
 
 
 
「チラシだとわからないと思いますが、けっこう狭いです」
と聞いていたので、
ホールがどんな感じかなと、のぞいてみました。
ふつうの家のリビングを少し広くした感じで、
 
 
 
 
コーヒーカップ?が並んでいたり、 
 
 
 
 
 
グランドピアノは、C2が置いてありました。
 
 
 
 
 
エンドレ・ヘゲデューシュさんが見えたので、
写真を撮らせてもらいました。
 
 
 
日本語のお上手な方で、びっくりしました。
なんでも、20数年前に札幌の教育大に講師で来られていたそうで、
その時に、八軒に住んでいたと話しておられました。
 
 
 
 
コンサートが始まる前のホール。
 
 
 
演奏中の表情がとてもいいので、残念でしたが、
コンサート中は写真が撮れないので、写真はありません。

「エリーゼのために」が、
エンドレ・ヘゲデューシュさんが演奏すると、
すごく素敵な曲になって、

この曲、こんないい曲だった?と、再認識。
 

すごくユーモアのある方で、英雄ポロネーズを弾く前に、
「ピアノがライオンになります」
と言ってました。

こんな方にピアノを習ったら、楽しいでしょうね!
一般に知られた曲を、たくさん演奏してくれたので、
楽しんで聴けました。

「ユーチューブに演奏をのせてます」
とおっしゃっていたので、探してみました。
https://www.youtube.com/channel/UCt5fbg4VUqk7TtmZve_759A 
https://www.google.com/search?q=endre+hegedus&client=firefox-b&source=lnms&tbm=vid&sa=X&ved=0ahUKEwjPl_GmiL_aAhUCyLwKHey1ALwQ_AUIDSgE&biw=1088&bih=578 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

コメント